スーパーフードとは?ヨガスリムにも使われる6つのスーパーフードを徹底解明

話題のスーパーフードを詳しく解説!!

 

 

カカオ

カカオは抗酸化作用やリラックス効果が期待できるスーパーフードです。
チョコレートの原料として有名なためお菓子としてのイメージが強く、甘くて美味しいけれど食べ過ぎるのは体に悪いと感じている方も多いですが、そんなことはありません。確かにチョコレートには砂糖などが多く含まれているので食べ過ぎは禁物ですが、原料であるカカオ自体には健康や美容にいい成分がたくさん含まれています。
まず注目したい成分はカカオポリフェノールです。赤ワインなどに多いという印象のあるポリフェノールですが、カカオにも非常に多く含まれ、抗酸化作用によって体の老化を防ぐ効果があります。アンチエイジングなど美容に興味がある方はもちろん、高血圧や動脈硬化を防止することもできるので、健康が気になっている方も摂取しておきたい成分です。
その効果は体だけでなく、精神面にもいい影響を与えます。チョコレートを食べると気分が落ち着くという方は多いですが、それもカカオポリフェノールのストレスを和らげる効果のおかげだといえるでしょう。またカカオにはテオブロミンも豊富で、こちらも集中力を高めたりリラックスできたりといった作用があります。血行がよくなり基礎代謝もアップするので、美肌やダイエットにもいい成分です。
その他にもビタミンEなどのビタミン類やカルシウム、マグネシウム、亜鉛といったミネラルが豊富な上に、便秘の改善やガン予防が期待できる食物繊維が多いのが特徴です。

 

 

ブラックジンジャー

ブラックジンジャーとは黒しょうがのことで、生姜科の植物のことです。精力の増強や滋養強壮に効果があります。ブラックジンジャーの成分には、アルギニンや亜鉛、食物繊維、ポリフェノールが含まれており、体を内部から若返らせるアンチエイジング効果が期待できます。ブラックジンジャーは、体内の糖質を効率良く消化する働きをサポートしてくれる効果があります。体内での消化作用をサポートするので、代謝バランスの良い体に導いてくれます。摂取し続けることで痩せやすく太りにくい体に近付ける効果が期待できます。また、多く含まれているポリフェノールにより、高いアンチエイジング効果が期待できます。シミやしわや顔のたるみなどの老化現象を予防することで若々しさを保てることに繋がります。また、アレルギー症状を緩和したり、抗炎症作用や育毛作用や女性ホルモンの働きを正常に整える効果などが期待でき、女性にとって美を維持するのに欠かせない働きをしてくれます。ダイエットをする際は何かを我慢しなければならなかったり、運動などを行ったり辛いイメージがありますが、ブラックジンジャーはいつもの食生活を維持しながら自分のペースでダイエットができるので無理なく続けられます。さらに冷え性を改善したり、疲労回復に効果があったりとマルチに健康維持に活躍してくれるのがブラックジンジャーです。上記のような症状で悩んでいる方などは一度検討して試してみましょう。

 

 

ゴジベリー

ゴジベリーと聞くとあまり馴染みがないかもしれませんが、 日本語での名称であるクコの実と聞けば知っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ゴジベリーは日本、中国、韓国などで生産されており、アジアの人々にとっては身近な食物です。世界三大美女の1人である楊貴妃が好んで食べていたとも言われています。ゴジベリーにはベータカロチンやニコチン酸など体にとって良い成分がたくさん含まれています。ベータカロチンは腸でビタミンAへと変換されます。このビタミンAには強い抗酸化作用があり、体にとってダメージを与える活性酸素の除去を行う効果があります。特筆すべきは目への効果であり、充血や眼精疲労の予防効果を期待できます。また、コラーゲン生成促進効果も含まれており、体内のコラーゲンを保護してくれます。そこにビタミンが組み合わさることで美肌効果へと繋がっていきます。さらにゴジベリーに含まれる多糖類には解毒や免疫調整を行う働きがあります。体が疲れている時には特に摂取したい食物と言えます。ゴジベリーに含まれているニコチン酸には糖質や脂質をエネルギーに変化してくれる性質があります。このおかげで糖質や脂質を適切に消費し、エネルギーを確保することが可能です。さらには末梢血管を広げてくれる性質もあるので、頭痛や肩こりの改善も期待できます。ゴジベリーは長く摂取することによって高い作用が期待できるので、継続的に食事に取り入れることをお勧めします。

 

 

マキベリー

スーパーフードとして注目を浴びているマキベリーですが、その大きな特徴として、驚くほどのポリフェノールの含有量が上げられます。マキベリーの主な主成分は、アントシアニンですが、あのアサイーの5.4倍・ブルーベリーの14倍も含まれているのです。
人は呼吸をしますので、酸素は体に必要なものなのですが、時として酸素は、体の老化を引き起こしてしまうものでもあります。具体的には、活性酸素と言いますが、これが人の細胞を攻撃してしまい、老化が進行してしまうのです。
しかしポリフェノールには、抗酸化作用がありますので、この活性酸素に働きかけ、体の老化の進行を防いでくれる働きがあります。
従って、たくさんのポリフェノールが含まれているマキベリーを摂ることで、いつまでも若々しくいられるアンチエイジング効果が期待出来るのです。
またマキベリーには、血糖値の上昇を抑える働きもあります。通常食事をすると、健康な人の場合、血糖値を下げるインスリンが分泌されます。そしてマキベリーには、このインスリンと同じ働きをする効果もありますので、主に生活習慣病の予防にも、高い効果が期待出来るのです。
美容で注目されているマキベリーですが、実は美容面だけでなく健康面でも、驚くべき効果が期待出来るものですので、その名の通り、スーパーフードと呼ばれているのでしょう。
食べ方としてはパウダー状のマキベリーを、ヨーグルトにかけたり、アイスクリームにかけたりすると、おいしく頂けます。また、スムージーとしても頂けますので、朝からバランスの良い食事が摂れることでしょう。

 

 

ノニ

スーパーフードとして注目されているノニとは沖縄から東南アジア地域の温暖な気候に実る果実で和名ではヤエヤマアオキと呼ばれています。、その特徴としては緑色の表皮の中に紫色をした種があり、そのノニを絞ると大量の水分と共に紫色をした汁がでます。その絞って出た汁が健康に良い成分を多く含んでいるのです。ノニの中には豊富なビタミンやミネラルが豊富に含まれており、本来ビタミンやミネラルは単体では活躍は出来ないのですがお互いの活動を補間しあう成分によって吸収しやすくなりデトックス効果を中心とした体質改善を促します。さらにノニの中には特有の成分がたくさんあります。プロキセロニンには免疫細胞に働きかけて活動を促進することによって、空気中に漂う雑菌が侵入することで起きる病気や体に備わっている悪性の細菌の影響によって発生する病気を未然に防いでくれます。スコポレチンには血管拡張効果があり、血液の中に含まれている酸素や栄養素が全身の細胞にいきわたることによって血液の流れをよくして生活習慣病予防につながります。さらにノニを食べたときに感じる強い酸味の正体であるポリフェノールには強い抗酸化作用があり、肌の老化だけでなく臓器の老化にもつながる悪性の活性酸素を無害化し排泄してくれるのでビタミンとミネラルとの相乗効果でより病気に強い体を作ってくれます。現在では抗酸化作用を持つ食材をスーパーフードとして扱われていますが、本来は突出した栄養素を含んでいるか栄養のバランスが他の食材よりも優れているのがスーパーフードの本来の意味なのでノニは主に後者になるといえます。

 

 

ギムネマ・シルベスタ

ギムネマ・シルベスタとは別名はホウライアオカズラと呼びますが、原産国はインドの南部や中央部、スリランカの熱帯雨林に自然に生える特殊な植物です。ガガイモ科に属してツルが目立ちます。糖質の吸収を妨げる作用がありますから、甘い物が好きな方や炭水化物を摂りすぎる人には使える存在です。特有成分の「ギムネマ酸」は苦みが強く、甘味を消す力がありますが、血糖値の上昇も抑制しますから、糖尿病を患わせる人にも効果的です。ダイエット中にストレスが溜まり、どうしても甘い物が食べたい時でも、ギムネマ・シルベスタは機能します。
美容面においては体重減少効果がありますから、ダイエットに良い影響を与えます。飲み続けていく事でリバウンドに制限を加える、体重を増やさない様にサポートする働きかけもありますから、食後にサプリメントといった物で補給すると効果的です。糖質の吸収を妨げて、カロリーの吸収を抑制してくれます。食べすぎた後にギムネマ・シルベスタを補給する様にすれば、体重の増加をある程度は防げます。皮膚に対するメリットは、クロロフィルが少し含まれていますから、体内で吸収されると殺菌効果や解毒作用が発生して、ニキビや吹き出物に影響を与えます。
ギムネマ・シルベスタは主に体重や健康面に作用していきますが、デトックス作用があります。解毒すると皮膚が綺麗になりますから、美容面においても役立ちます。特に血糖値の改善や炭水化物の吸収を抑制する効果に期待ができます。一日に3gから10gあたりを補給する事がポイントです。