ヨガの歴史とヨガ本来の目的について知りたい

ヨガと歴史と本来の目的とは??

 

 

ヨガの歴史を考えると紀元前2500年前頃までさかのぼる事になります。
この頃はインダス文明が栄えていた頃で、瞑想等を目的に行われていたと考えられています。
独特のポーズをするものというイメージを持つ人は少なくありませんが、元々は瞑想の為に行われていたものです。
そして、その後、瞑想を伴う修行法として広まりました。

 

現在、多く行われている形になったのは、12世紀から13世紀頃とされます。
この頃には、従来の瞑想や修行といった意味合いの他に、呼吸法や独特のポーズによって、肉体を浄化、そして強化していくものへと変わってきました。

 

現在はダイエットに効果がある等、美容や健康面で注目を集めていますが、本来は呼吸法や瞑想によって心を落ち着け、独特のポーズをする事によって体を鍛え、心身共に安らかな状態を作っていくものです。

 

その為に特に重要となってくるのが、呼吸です。
呼吸をしっかりと意識する事によって、脳や体の隅々までしっかりと酸素を送りやすい状態を作る事ができます。
それによって、気持ちを落ち着け、体にも良い効果を与えていく事ができます。

 

ヨガといえば、とても難しいポーズをする事が何よりも大切というイメージを持つ人は少なくありません。
人によっては、人間離れしたポーズをする人もいます。
ただ、こうした難しいポーズをする必要はなく、まずはしっかりと呼吸を意識する事、そして手本となるポーズに近づけた状態で気持ちを落ち着けていく事が重要になります。

 

ポーズは手本通りに行わなければ効果がないと考える人もいますが、そこに近づけようとする事で、体を鍛える効果へと繋がっていきます。
そして繰り返す事で、難しいポーズもできるようになっていくという人は少なくありません。
体が硬いから無理と、始める事を諦めている人は少なくありませんが、誰でも手軽に始められる為、興味があれば、レッスンを受けてみると良いでしょう。
その時には、元々は瞑想を目的に始まった事、呼吸法が何よりも大切な事を意識しておく事がおすすめです。

 

現在はダイエットにも有効と注目を集めるヨガですが、行えば痩せるかといえば、そうではありません。
普段使わない筋肉を鍛える為には有効ですが、そこから脂肪を落とす為には、有酸素運動を行なっていく事が必要になります。
ですから、痩せたいと考えて始めるのであれば、レッスンで体を鍛えた後に、有酸素運動を行うようにしておく事がおすすめです。